◆作家名 勿忘草

◆コメント
先生の文化人形に魅せられて遠方より通っています。瞳の中に描く模様や色を変えるだけで様々な表情に出合えます。あどけない瞳、憂いを含んだ瞳、寂しげな瞳、お茶目な瞳 ・・・ 瞳の魅力にはまっています