★市川こずえの少女塾★
トツプページ  少女塾のご案内  少女塾☆購買部  文化人形キツト  文化人形ギヤラリー
展覧会等  配信制作作品  過去ログの部屋  Mail



少女塾企画展 第十一回
『をとめの小箱』

H27.3.23更新

可愛らしいものを愛するをとめ達の早春の企画展です。
秘密の小箱を開ける時のドキドキが詰まつた作品達に出会へますやう。

開催日
平成27年2月15日、22日、3月1日、8日、15日、22日
(2月15日〜3月22日の毎週日曜日開催)


◆◇◆

「をとめの小箱」DM



小箱の中に夢と人形と…
魔法の呪文とをとめの秘密と…

掲載作品制作者
うのきょうこ ドッティ 花子 しおん 市川こずえ

DM制作/イラストレーシヨン
市川こずえ

◆◇◆

「をとめの小箱」レポート

展覧会レポート その六

平成27年3月22日


そしてとうとう最終日。会期中始めての晴れ間が見えました。
お日様の光も気持ち良く少女塾の近辺ものどかな雰囲気が漂つてゐました。
同じ並びのお店の方が遊びに来てくれたり、お客さんを迎へたりしてゐると、次々と作家さん達がやつてきました。
aomanaさん、大須賀理恵さん、うのきょうこさん、しおんさん。皆さん在廊&お茶会でとても賑やかに過ぎていきました。
主催者として個人的に反省点は沢山あるのですが、皆さんのお陰で、素敵な展示を無事終える事が出来、ホッとしております。
お越し下さつた皆さん、作家さん本当にありがたうございます。



思へば少女塾の企画展も、もう十一回。五年目に入りました。
時は流れて行くけれど、確実に育つていくものがあるのだと思ひます。
人と人との繋がり…作家さん達夫々の成長…。移ろいゆく時と共に此処に集まる人々の生き様を少女塾は眺めてゐます。
ほんの少し触れ合ふだけでも、人形を通じてものを作る事を通して皆さんの人生がより豊かになるやう願つて…。
かわゆらしいものを愛する沢山のをとめ達と共に歩んでいければ嬉しい限りです。

では、次回は六月。七夕を挟んで「をとめ銀河」でお会ひしませう。
(H27.3.23 市川こずえ)


展覧会レポート その五

平成27年3月15日


気が付けば第五週目。企画展が始まるといつも駆け足で毎週過ぎていきます。
心配した雨も降らず曇り空の中、ポツリポツリとお客様が見えました。
在廊はしおんさん、aomanaさん、大須賀理恵さん、うのきょうこさん。
毎週お馴染みのメンバーになり、又楽しい時間が過ぎていきました。
追加作品は大須賀さんのこけしのがま口と私の水玉マリーさん。
今回は皆さん毎週在廊して下さつてとても賑やかで…展示も心も潤ひます。

色々な方の作品を観るとふと思ふ事があります。
人は精神の生き物、作品は精神の塊。
人夫々様々な想ひの中で作品が出来上がつていきます。
きつと凄く大事な事は、作品を気に入つてくれたり、声を掛けてくれたり、自分を導いてくれる小さな縁を見逃さず、大切に次へ繋げていく事なのだと思ひます。
胸に燃える小さな炎を熱き心で燃やし続けていきたい。
さういふものづくりでありたいと思ひます。
(H27.3.16 市川こずえ)


展覧会レポート その四

平成27年3月8日


この日は朝から少女塾の授業があり、賑やかな始まりです。雨と風の中塾生さん達がやつて来ました。
本科の一寸難しい課題作品「お出かけ頭巾さん」が一人完成してほつと嬉しいひとゝき。 休む間もなく新課題「ヘロヘロ人形の子羊さん」に取り掛かりました。

いつも、教へる事の難しさを痛感しながらも、塾生さん達が可愛く完成させ喜びに満ちてゐる姿を見ると胸が熱くなります。
「ものを作る」のは本当に不思議。手が早い人遅い人進み具合もまちまちですが、作る喜びはどんな人でも味はふ事が出来ます。
時間をかけて、苦戦して、自分の手から可愛いものが生まれる…人形は小さな幸せを運んでくれます。

さて、この日の在廊は、大須賀理恵さん、aomanaさん、うのきょうこさん、しおんさん。
追加作品は岸綾子さんのハリネズミ、フクロウのリース、うさぎのリース。どれも可愛くてハツピーです。

そしてをとめ達の囀りにお菓子は欠かせません。
おやつを頂きながら話に花が咲きました。
この処展示はお休みしてゐる前田みみさんも見えて「久し振り〜」と再会を喜びました。

こうして少女塾がいつも賑やかで、皆さんが楽しい夢の時間を運んできて下さり嬉しい限りです。
そしてもつともつと沢山のをとめ達で一杯の空間になりますやうに…。
(H27.3.9 市川こずえ)


展覧会レポート その三

平成27年3月1日


この日は生憎の雨。ざあざあと雨の降り続ける中を、お客さん作家さん足を運んで下さいました。
在廊はaomanaさん、しおんさん、大須賀理恵さん、うのきょうこさん。直接搬入の作家さんが全員集合でとても賑やかでした。
皆さん年齢もバラバラですが余りさういふ事を感じさせず楽しく語らふ事が出来、をとめ年齢は皆同じなのだなあと思ひました。

今回「出会ひ」について書いてゐるので、他の方の事も少し触れておきますね。
aomanaさん、大須賀理恵さんは、疎遠になつてゐた所をFacebookを始めて再会しました。
岸綾子さんはFacebookのお友達Nacell Taeさんのご紹介、macaronさんはサイトから応募して下さり、
しおんさんは少女塾に遊びに来て下さつた所をスカウトしました。(可愛い桃娘のポシエツトを下げてゐたので)
皆さん作風も夫々ですが、毎回作品もグレードアツプしていき、制作について語り合へるのは嬉しい事です。

ご縁と云へば…毎回展示を見に来て下さるお客さん。こちらも忘れてはならない嬉しい「出会ひ」です。

十年程引きこもつて人形を作つてゐたので、人付き合は少なく、ご縁があると云ふのは本当にありがたいですね。
人は人と触れ合はなければ生きていけない、寂しい生き物なのかも知れません。
少女塾を訪れる皆さんとの繋がりを大切に人形を作り続けていきたいと思ふこの頃です。
(H27.3.3 市川こずえ)


展覧会レポート その二

平成27年2月22日


この日は少女塾の振り替へがあり、塾生達が人形を作つてゐる中、次々と人が訪れて又賑やかに一日が過ぎていきました。
在廊はaomanaさん。和紙の組み立て式ボックスが人気です。

うのきょうこさんが初期の頃(少女塾の企画展に初めて参加した頃)の事をツイートしてゐて、私もふとその頃の事を思ひ出したりしました。
(うのさんのTwitter→@magic_sugar
その影響でつひ、私も胸に秘めてゐた、うのさんへの想ひをツイートしてしまひました。

少女塾の企画展を始めたのは平成廿三年の「金魚のひるね」それからもう四年が経ちました。
うのさんが参加して下さつたのは二回目「雛によする展覧会」からですが、作品のみならず、お会計や片付けまで色々とお世話になつてゐます。

他に初期の頃からお世話になつてゐるのは、ドッティさんと花子さん。
お二人はニコ生で生放送をしてゐた頃(平成廿一年〜)からのお付き合ひです。

作品がどうかと云ふ事ともう一つ、何よりも続ける事の大切さを感じます。
作品のその向ふにあるのは続けていく作家のもつと作りたいと云ふ想ひ、そこには人を惹きつける何かがあると思ひます。
だからいつも、目に見えるものでありながら目に見えないものを作つてゐると思ふのです。

長く続けてゐる中で、毎回グレードアツプしていく作品達を見せて頂く事がとても嬉しく、有り難く、少女塾の企画展も共に歩んでいければと思ひます。

「良い出会ひ」と云ふのは、良いお付き合ひが長く続いてから、あれは良い出会ひだつたなと思へるものなのかも知れませんね。
(H27.2.23 市川こずえ)


展覧会レポート その一

平成27年2月15日


外は風が強く寒い一日でしたが、少女塾の中は暖かく春を待つをとめ達で賑ひました。
初日を無事終える事が出来ほつと一息。皆さんありがたうございます。
在廊はうのきょうこさん、しおんさん、大須賀理恵さん、岸綾子さん。直接搬入日と云ふ事もあつて作家さんも揃ひました。

他愛も無い話から制作の話、情報交換等々、をとめ達の話は尽きる事はありませんね。お茶とお菓子を頂きながら楽しい時間があつと云ふ間に過ぎていき…

前回の展示から二ヶ月、年越しを挟んだ事も有り、暫く制作でこもつてゐた事も有り、皆さんと過ごすひとゝきがとても楽しく感じられました。
帰る頃には、幸せな時間は本当に一瞬で通り過ぎていくものなのだなと名残惜しかつたのですが、然しその余韻と云ふのは長く長く緒を引いて人を幸せな気持ちにしてくれるものなのだな、と。

さて、少女塾の企画展も十一回となり、いつもレベルの高い作家さんに集まつて頂く事が出来、本当にありがたく思つてゐます。
いつも出展して下さる方達の作品がグレードアツプしていくのを見る事も楽しみのひとつです。

展示を定期的に開催しようと思つた時には、沢山作家さんを集めなくては…と思ひ、探しに出掛けたりもしましたが、今は焦らず丁寧に良い出会ひを、と思つてゐます。

此処に集ふをとめ達の夢の空間となる事を願つて、長い長い旅をしていきたいと思ひます。
作家さんお客さん皆さん共に歩んで頂けましたら幸ひです。
(H27.2.16 市川こずえ)


◆◇◆


出展作家

()=少女塾企画展参加回数

市川こずえ(十一)  Twitter 市川こずえ

をとめの小箱は魔法の小箱。中にはたくさんのトキメキが詰まっている。人形、玩具、豆本、こけし…何時か何処かで出会ったものた ち。何時か何処かで出会うものたち。そして此処で出会うものがある。
A.CRAFT 岸綾子(三)  web Picnic blog 真夜中の手芸部 facebook OhanaBear(オハナベア)とA.CRAFT岸綾子のクリエーション

イラストレーター・アーティスト。女の子の大好きなもの、ハッピーなモチーフをぎゅっと詰め込んだ作品を作ります。布作品の他に、カードやリトルプレスも販売します!
aomana(三)  web aomana 和紙造形 Twitter aomana facebook manami aoki

1点ずつ、手漉きで漉きあげたオリジナルの和紙で作品を作っております。今回は、和紙を使って小箱をつくりたいと思っています!お気に入りの小箱をみつけてくださいね。
うの きょうこ(八)  Twitter お砂糖ひとさじ blog お砂糖ひとさじ

箱の中は小宇宙。可愛さ、憂い…乙女のいろんな気持ちを詰め込みます。
大須賀理恵(三)  web 大須賀理恵 facebook 大須賀理恵

イラストレーターですが、がま口やバッグなども制作しています。 少女塾という夢の溢れる宝石箱の中で、皆さんと交流しながら、制作、勉強の日々を楽しみたいと思います。 グッズを中心に展示販売します。
ドッティ(十一)

今回の「をとめの小箱」に又参加させて頂きたいと思います。 小箱の中には何が入っているのでしょうか? そっと覗いてみましょう。幼い頃の、をとめの夢があるかも!
羊毛クラフトmacaron(三)  blog 羊毛クラフトmacaronときどきこけし

小さな箱の中を覗くと… そこにはをとめのココロをくすぐる世界が広がっています ぜひあなたのお気に入りの小箱を見つけてください こけし マトリョーシカ 昭和 可愛いもの  羊毛で表現します
しおん(四)  Twitter しおん instagram しおん

小さいものを箱に入れてしまっておくのが好き。持ち歩くのが好き。たまに開いて中を見るのが好き。かわいい箱入り娘が誕生しますように!今回もよろしくお願いします。
花子(十)  Twitter Sakura1012 blog さくらのブログ

をとめの小箱に参加させて頂きます。箱を開けるときのワクワクを思いながら楽しい 制作をしたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。


◆◇◆

をとめ作家募集について


以前は生放送で文化人形等の作り方を公開しました。今はその時間もないので、最初から何かしら作れる方、という事になります。

人形である必要はありません。 貴方の「可愛い」と思ふ世界を見せて下さい。 回を重ねる毎に自分も人形も成長していき、此処に集ふ人達が皆それを感じ取つていきます。 共にをとめの夢の世界を作り上げ、その喜びを分かち合ひませう。

委託販売イベントでは無いので、唯作品を展示して販売したいだけの方はご遠慮下さい。 少女塾でをとめ作家の皆さんと一緒に夢を追ふ事の出来る方、 「可愛い」といふ感覚が共感出来る方、是非ご検討下さい。

最終日にはささやかなお茶会を催します。 色々な方と触れ合ふ事は大きな刺激になります。 お客様も交えて作家同士の交流をお楽しみ下さい。

お近くの方は一度足をお運び下さい。 塾にて人形制作を学ぶ事も可能ですし、他の作家の作品を見る事は良い刺激になります。 貴方の毎日が人形制作を通して潤ひのある日々となりますやうに。


◆◇◆

をとめとは

乙女(おとめ)ではなく少女(をとめ)。明治文学等では少女と書いて「をとめ(歴史的仮名遣ひ)」と読む表記が見られます。
歴史的仮名遣ひでは、同じ発音でも仮名遣ひを変へる事により漢字と同じやうに意味の違ひが解るやうになつてゐます。
字面による視覚的要素(イメージ、雰囲気)は重要です。
少女(をとめ)といふ文字から可憐な少女のイメージが伝はつてきますよね。

◆◇◆

◆◇◆

過去の企画展等

お伽の森(平成26年)
魔法のヱンゼルリボン(平成26年)
花と少女(をとめ)(平成26年)
星からの便り(平成25年)
水玉金魚幻想(平成25年)
虹の花園(平成25年)
白雪迷宮(平成24年)
少女塾文化人形展(平成24年)
雛によする展覧会(平成24年)
金魚のひるね(平成23年)
少女塾コレクシヨン

◆◇◆



『をとめの小箱』

平成27年
2月15日〜3月22日の毎週日曜日開催

12〜18時

処:少女塾



〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-28-3
ジャルダン吉祥寺105号 少女塾



★市川こずえの少女塾★
トツプページ  少女塾のご案内  少女塾☆購買部  文化人形キツト  文化人形ギヤラリー
展覧会等  配信制作作品  過去ログの部屋  Mail